噛み癖のある犬のしつけ方

噛みつき癖を矯正する

犬のしつけの中でも、噛みつき癖を治すのは非常に大変と言われています。しかし、同時に大切なしつけの1つでもあります。甘噛みのうちにしっかりとしつけておくようにしましょう。飼い主の中には可愛いからと放っておく方もいるようですが、噛みつき癖を放っておくと後々大変な問題を起こしてしまう場合もあります。すでに噛みつき癖を放置してしまっているという場合でも、手遅れということはありません。人に噛みついてしまったり、電気コードなどに噛みついてしまう前に、今からでもしっかりとしつけを開始しましょう。犬の噛みつき癖を治すには、飼い主にも冷静さが求められます。しつけが上手くいかなくても犬を叩いてしまったり大きな声で叱ったりしてはいけません。常に冷静に、そして愛情を持ってしつけをしていきましょう。小型犬の場合、噛みついてきたら「痛い!」や「ダメ!」と声をかけてから叱ってあげます。大型犬の場合には噛みつかれる前、噛みつこうとしてきたところで叱ってあげましょう。この時、頭を地面に抑えつけてやるとさらに効果的です。また、大型犬の場合には犬がこちらに向いた時に太ももあたりを軽く蹴ってやるという方法もあるようです。噛みつき癖を治す場合には、犬を興奮させないためにも飼い主が冷静に対応する必要があります。根気強く何度も犬を叱り、少しずつ覚えさせていきましょう。そのうちきっと噛みつきはしてはいけないことだと理解してくれます。

 

噛み犬のしつけに重点的に取り組んできたカリスマトレーナーのしつけ法

 

 

PR
水道水は安全?
水道水ははたして安全なのでしょうか?